携行品に注意 フジドリームエアの機内持込手荷物について

機内持ち込み禁止について

フジドリームエアラインズの機内持込手荷物ですが、まず大きさや重さにかかわらず、機内に持ち込んではいけないものが決まっていますから注意しましょう。
危険物、爆発したり、燃えやすいものは万一の際に機体を損傷する可能性がありますから禁止されています。
また、爆発物や可燃物とは別に、ハイジャックに利用されかねない凶器も持ち込むことはできません。
これらに該当する身近なものとしては、例えばスプレー類、エアゾール類があります。
登山用の携帯酸素スプレー缶や、防水スプレー缶などは旅行時に持って行きがちなものですから、特に注意が必要です。
その他、オイルライターやマッチ、花火といったものも危険物となります。
凶器になり得るものとしては、ナイフ類はもちろんのこと、ハサミやカッターも禁止です。
よく、十徳ナイフのようなマルチツールを持ち歩いている人がいますが、これも立派な凶器であり持ち込み禁止です。
このような刃物類だけではなく、その他にも先端が尖っているものやバール、バットなど凶器になり得るものも全て禁止です。

座席 インテリア 飛行機 航空機 ジェット 輸送 車両 航空会社 航空 キャビン 空の 点灯 公共交通機関 設計 旅客 旅客機 航空機客室 収納スペース 荷物室

機内持ち込み可能の条件

これらの制限をまず守ったうえで、機内に持ち込むことができる荷物には大きさと重さに関する規定があります。
それは、3辺の和が100cmまでのもの1個で、重さは10kgまでです。
3辺の和が100cmまでですから、3辺の配分は自由ですが、例としては45cm×35cm×20cmです。
一般的なカバン、バッグ類であればまず間違いなくこの範囲に収まるでしょうが、最近流行りのキャリーバッグですと、ちょっと大きめであればすぐにこの範囲からはみ出してしまうでしょう。
これを超えるものはカウンターで預ける必要があります。
ちなみに大きさはもちろん外寸であって、例えば持ち手やキャスターなどの突起部分についても含まれます。

なお、ここでの範囲には、いわゆる身の回り品、手回り品は含まれません。
身の回り品や手回り品の具体例としては、ハンドバッグ、カメラ、傘、ノートパソコンなどが挙げられます。
これらは、上とは別に機内に持ち込むことができますが、個数は1個までとされています。

実際には、多少はこの規定を越えていてもお目こぼしされることもあるでしょう。
雨が降っているときに、傘とハンドバッグを持っていてはそれで身の回り品2個になるから規定違反になるかとか、空港で買ったお土産の袋を抱えている場合でも1個と数えられるのかというと、そうはならないことも多いでしょう。
しかし、フジドリームエアラインズの規定としてはそのようになっているのです。

本 開いた 白 レトロ 古い 隔離された 夏 ツーリスト 旅行 レクリエーション 輸送 色 休日 旅行者 バッグ ビジネス オブジェクト 旅行 余暇 荷物 タオル ハンドル 製品 キャリー ツアー 眼鏡 スーツケース 服 訪問 先 荷物 パック 海外

あわせて読みたい