フジドリームエアの機内持込・預かりができない物品について

フジドリームエアラインズでは、機内持込ができないもの、預かりができないものがそれぞれ決められています。基本的に、危険物とされる荷物は機内持込も預かりもできません。危険物とは、爆発の可能性があるもの、発火する可能性のあるもの、燃えやすいものなどです。危険物のほかに、凶器になり得ると判断されるものについては、機内持込ができません。ただし、預かりは可能です。
さて、では実際にどのようなものが危険物となり、どのようなものが凶器になり得ると判断されるのでしょうか。それを見ていきましょう。

危険物としては、まずはガスを充填したスプレー類が挙げられます。上空では機内は気圧が下がります。とくに、貨物室はさらに低圧になりますから、高圧ガスを充填しているスプレー類は、保管状況、使用状況によっては破裂する恐れがあるのです。防水スプレーや塗料スプレーなどを入れないように注意が必要です。発火する可能性のあるものとして注意が必要なものは、充電池類です。乾電池は問題ないとされていますが、リチウムイオン電池は物によっては危険物に該当します。その他、可燃性の液体物、例えば灯油やベンジンなどももちろん禁止ですし、身近なところではライターやマッチ、花火も禁止です。

次に凶器になり得ると判断されるものですが、いわゆる刃物類は全て禁止と考えてまず間違いありません。ナイフ、はさみ、カッターなどはすぐに分かるでしょう。ツールナイフと呼ばれるような多機能折りたたみ式ナイフでも禁止です。凶器となり得るものとしてはこのような刃物類だけには限りません。刺したり、殴りつけたりすることで人を傷つけることができるものも禁止です。例えば、先の尖ったアイスピックとか、ゴルフクラブ、バット、金づち、バールなども禁止されています。

これらの危険物、凶器となるものの制限を守った上で、もちろん荷物自身の大きさや重さ、それに個数についての制限があります。フジドリームエアラインズの場合、預けられるものは一人あたり15kgまで、個数は3個までです。大きさについては大型のスーツケースサイズでも問題ありませんので、ほぼ気にするようなことはないでしょう。なお、15kgを越えるようなものについては、越えた分の重さ1kgあたり600円の手数料が別途かかります。また、機内持ち込みについては一人あたり10kgまで、個数は1個だけとされています。なお、ハンドバックなどの身の回りの品物についてはこれに含まれません。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です