条件付きに注意 フジドリームエアの荷物の預かりについて

フジドリームエアラインズの場合

フジドリームエアラインズですが、この航空会社は格安航空券の中でも特殊な航空会社になる為、荷物の預かりについてもある程度までであれば手数料はかかりません。
手数料のかからない範囲は、重さ合計15kgまで、個数が3個までです。
大きさについては50cm×60cm×120cmまでOKです。
普通に売られているスーツケースは、特に大型のもので100リットルサイズと言われているものでも30cm×50cm×70cm程度でしょうから、サイズ的に問題になることはまずありえないはずです。
実はこの規定はJALやANAなどの大手航空会社よりも緩いのです。

JAL・ANAの場合

JALやANAでは3辺の合計が200cm程度までとされています。
スーツケース以外に気になるものとしてはゴルフバッグやスキー板などでしょうが、これらは多少規定サイズを越えていたとしても重さ15kgの範囲内であれば手数料なしで預かってくれます。
いわゆる格安航空会社ではスーツケースなどの預かりについては、1個目から有料になるか、あるいはそもそも預け入れ手数料を上乗せしたうえで航空券を発券する必要がありますから、この差は大きいと言えます。
ちなみにJALやANAでは20kgまで手数料なしですし、マイレージクラブの会員であったりするとさらに重さに上乗せがあったりしますから、その点では若干少なくなっています。
しかし、一般的な国内旅行の場合、このサイズでこれだけの重さを預かってくれるのであればほぼ問題になることは少ないでしょう。

もし、この重さを越えるような場合は、別に手数料を支払うことで預かってもらえます。
手数料は路線にかかわらず超過重量1kgにつき600円です。
ただし、最高でも45kgまでで、45kgを越えるような荷物は預かってもらうことはできません。
普通、45kgを越えるような荷物になることはまずないでしょう。

機内への荷物持ち込みについて

なお、超過手数料を支払う代わりに、一定レベルまでであれば”自分で機内に持ち込んでも構いません。
フジドリームエアラインズでは、機内持ち込みが可能なのは10kgまでです。
普通の身の回り品だけでこれだけの重さになるようなことは少ないでしょうから、預け入れが15kgを超過して手数料がかかりそうなときは、10kgまでであれば機内持ち込みとしてしまえば、その1kgにつき600円をそのまま節約できることになります。
無駄に手数料を支払う必要はありませんから、機内持ち込み可能とされている分はぜひとも有効に活用させてもらいましょう。

あわせて読みたい