フジドリームエアの超過手荷物料金について

フジドリームエアラインズでは、スーツケースなど機内持ち込みができない大型の荷物について、一定限度までは無料で預かってくれます。その規定は、大きさが50cm×60cm×120cm以内に収まるもので、重さは合計15kgまで、個数は合計3個までです。大きさに関してはこの直方体の中に収まる必要があり、たとえ2辺がこの範囲内であっても1辺でもこの範囲からはみ出すものは預けることができない決まりではありますが、一般的にこの範囲からはみ出すと思われるもの、例えばゴルフバッグ、釣り竿、スキー板などは一応は預かってくれることになっています。ただし全てではありませんから、不安に思うようなものは予め電話窓口などに相談しておいたほうがよいでしょう。

個数は合計3個までで、重さは全ての合計が15kg以内である必要があります。この範囲内に収まる限りは運賃の中に含まれており、別途手数料がかかるようなことはありません。これはJALやANAの規定に近いくらいのレベルで、いわゆる格安航空会社よりははるかにサービスが良いと言えるでしょう。

ただし、これを超過すると別途手数料がかかります。重さが15kgを超えると、超えた分1kgごとに600円がかかります。なお、一人当たり最大で預け入れることができるのは45kgまでです。つまり、30kg分の超過ということになり、手数料としては18000円になります。45kgを超える荷物は、たとえ18000円以上の手数料を払うといっても受け付けてくれません。一人当たりの個数3個までというのもこれが上限で、別途手数料を払うと言っても4個以上は受け付けてくれません。

なお、フジドリームエアラインズの路線つまり飛行機のフライト距離によってこの手数料も違ってくるのではないかと思われるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。どの路線に乗っても一律で、超過1kgあたり600円と定額です。

なお、預け入れるものが15kgを超過する場合、超えた分は自分で機内に持ち込めばよいのではないかと思われるかもしれません。確かにある程度まではそのとおりで、機内には10kgまでのものは持ち込めます。ただし、大きさにも制限があり、3辺の合計が100cm以内、キャリーバッグなどであれば45cm×35cm×20cm以内となっています。この範囲内に収まるのであれば、機内に持ち込むことは可能ですから、予め荷物を仕分けしておくのは一つの方法です。

投稿日: