フジドリームエアの荷物の預かりについて

フジドリームエアラインズですが、この航空会社は格安航空会社とは違いますので、荷物の預かりについてもある程度までであれば手数料はかかりません。手数料のかからない範囲は、重さ合計15kgまで、個数が3個までです。大きさについては50cm×60cm×120cmまでOKです。普通に売られているスーツケースは、特に大型のもので100リットルサイズと言われているものでも30cm×50cm×70cm程度でしょうから、サイズ的に問題になることはまずありえないはずです。実はこの規定はJALやANAなどの大手航空会社よりも緩いのです。

ALやANAでは3辺の合計が200cm程度までとされています。
スーツケース以外に気になるものとしてはゴルフバッグやスキー板などでしょうが、これらは多少規定サイズを越えていたとしても重さ15kgの範囲内であれば手数料なしで預かってくれます。
いわゆる格安航空会社ではスーツケースなどの預かりについては、1個目から有料になるか、あるいはそもそも預け入れ手数料を上乗せしたうえで航空券を発券する必要がありますから、この差は大きいと言えます。ちなみにJALやANAでは20kgまで手数料なしですし、マイレージクラブの会員であったりするとさらに重さに上乗せがあったりしますから、その点では若干少なくなっています。しかし、一般的な国内旅行の場合、このサイズでこれだけの重さを預かってくれるのであればほぼ問題になることは少ないでしょう。

もし、この重さを越えるような場合は、別に手数料を支払うことで預かってもらえます。手数料は路線にかかわらず超過重量1kgにつき600円です。ただし、最高でも45kgまでで、45kgを越えるような荷物は預かってもらうことはできません。普通、45kgを越えるような荷物になることはまずないでしょう。

なお、超過手数料を支払う代わりに、一定レベルまでであれば自分で機内に持ち込んでも構いません。フジドリームエアラインズでは、機内持ち込みが可能なのは10kgまでです。普通の身の回り品だけでこれだけの重さになるようなことは少ないでしょうから、預け入れが15kgを超過して手数料がかかりそうなときは、10kgまでであれば機内持ち込みとしてしまえば、その1kgにつき600円をそのまま節約できることになります。無駄に手数料を支払う必要はありませんから、機内持ち込み可能とされている分はぜひとも有効に活用させてもらいましょう。

投稿日:

フジドリームエアの超過手荷物料金について

フジドリームエアラインズでは、スーツケースなど機内持ち込みができない大型の荷物について、一定限度までは無料で預かってくれます。その規定は、大きさが50cm×60cm×120cm以内に収まるもので、重さは合計15kgまで、個数は合計3個までです。大きさに関してはこの直方体の中に収まる必要があり、たとえ2辺がこの範囲内であっても1辺でもこの範囲からはみ出すものは預けることができない決まりではありますが、一般的にこの範囲からはみ出すと思われるもの、例えばゴルフバッグ、釣り竿、スキー板などは一応は預かってくれることになっています。ただし全てではありませんから、不安に思うようなものは予め電話窓口などに相談しておいたほうがよいでしょう。

個数は合計3個までで、重さは全ての合計が15kg以内である必要があります。この範囲内に収まる限りは運賃の中に含まれており、別途手数料がかかるようなことはありません。これはJALやANAの規定に近いくらいのレベルで、いわゆる格安航空会社よりははるかにサービスが良いと言えるでしょう。

ただし、これを超過すると別途手数料がかかります。重さが15kgを超えると、超えた分1kgごとに600円がかかります。なお、一人当たり最大で預け入れることができるのは45kgまでです。つまり、30kg分の超過ということになり、手数料としては18000円になります。45kgを超える荷物は、たとえ18000円以上の手数料を払うといっても受け付けてくれません。一人当たりの個数3個までというのもこれが上限で、別途手数料を払うと言っても4個以上は受け付けてくれません。

なお、フジドリームエアラインズの路線つまり飛行機のフライト距離によってこの手数料も違ってくるのではないかと思われるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。どの路線に乗っても一律で、超過1kgあたり600円と定額です。

なお、預け入れるものが15kgを超過する場合、超えた分は自分で機内に持ち込めばよいのではないかと思われるかもしれません。確かにある程度まではそのとおりで、機内には10kgまでのものは持ち込めます。ただし、大きさにも制限があり、3辺の合計が100cm以内、キャリーバッグなどであれば45cm×35cm×20cm以内となっています。この範囲内に収まるのであれば、機内に持ち込むことは可能ですから、予め荷物を仕分けしておくのは一つの方法です。

投稿日:

フジドリームエアの機内持込手荷物について

フジドリームエアラインズの機内持込手荷物ですが、まず大きさや重さにかかわらず、機内に持ち込んではいけないものが決まっていますから注意しましょう。危険物、爆発したり、燃えやすいものは万一の際に機体を損傷する可能性がありますから禁止されています。また、爆発物や可燃物とは別に、ハイジャックに利用されかねない凶器も持ち込むことはできません。

これらに該当する身近なものとしては、例えばスプレー類、エアゾール類があります。登山用の携帯酸素スプレー缶や、防水スプレー缶などは旅行時に持って行きがちなものですから、特に注意が必要です。その他、オイルライターやマッチ、花火といったものも危険物となります。凶器になり得るものとしては、ナイフ類はもちろんのこと、ハサミやカッターも禁止です。よく、十徳ナイフのようなマルチツールを持ち歩いている人がいますが、これも立派な凶器であり持ち込み禁止です。このような刃物類だけではなく、その他にも先端が尖っているものやバール、バットなど凶器になり得るものも全て禁止です。

これらの制限をまず守ったうえで、機内に持ち込むことができる荷物には大きさと重さに関する規定があります。それは、3辺の和が100cmまでのもの1個で、重さは10kgまでです。3辺の和が100cmまでですから、3辺の配分は自由ですが、例としては45cm×35cm×20cmです。一般的なカバン、バッグ類であればまず間違いなくこの範囲に収まるでしょうが、最近流行りのキャリーバッグですと、ちょっと大きめであればすぐにこの範囲からはみ出してしまうでしょう。これを超えるものはカウンターで預ける必要があります。ちなみに大きさはもちろん外寸であって、例えば持ち手やキャスターなどの突起部分についても含まれます。

なお、ここでの範囲には、いわゆる身の回り品、手回り品は含まれません。身の回り品や手回り品の具体例としては、ハンドバッグ、カメラ、傘、ノートパソコンなどが挙げられます。これらは、上とは別に機内に持ち込むことができますが、個数は1個までとされています。

実際には、多少はこの規定を越えていてもお目こぼしされることもあるでしょう。雨が降っているときに、傘とハンドバッグを持っていてはそれで身の回り品2個になるから規定違反になるかとか、空港で買ったお土産の袋を抱えている場合でも1個と数えられるのかというと、そうはならないことも多いでしょう。しかし、フジドリームエアラインズの規定としてはそのようになっているのです。

投稿日:

フジドリームエアの楽器などの大型の手荷物について

機内持ち込みできる物品のサイズの制限は航空会社間で同一であるような気もしますが、調べてみると意外にバリエーションがあります。
その大きな理由は、航空会社による使用機材のサイズの違いです。

フジドリームエアラインズの便を運航する機材、エンブラエル社のERJ170/175シリーズは、旅客用航空機材としては決して大型ではありません。
客席数は76(ERJ170の場合)あるいは84(ERJ175の場合)で、客席数100人を超える大型・中型の旅客用航空機材と比べてコンパクトなその機材内部に許される手荷物の収納スペースには制限があります。
大型・中型旅客機を利用する場合は、機内持ち込み可能な物品の制限は、たて、よこ、高さの三辺の長さの和が115センチまでと設定されていることが多いのですが、フジドリームエアラインズでは三辺の長さの和が

100cmが機内持ち込みできる手荷物のサイズの上限と設定されており、それを超える大きなものは機内に原則持ち込めない決まりになっています。
その場合、一個あたり50cm×60cm×120cm以内、一人あたり合計で3個、3個合計で15kgまでなら無料、15kgを超える場合は45kgまでは超過1kgあたり600円の超過料金を申し受け、という一般の規定が適応され、受託手荷物として輸送することになります。

規定の受託サイズを超える物品は追加料金を払ってでも原則、運んでもらえないのですが、スキー板やゴルフバッグ、釣り道具、弓用品、サーフボードなどのスポーツ用品の場合は、長さ2.5m以内で他の2辺が50cm×60cm以下であれば預かってもらえるので、心配無用です。

さらに、輸送に特別な注意が必要な楽器に限っては、事前にコールセンターに電話して追加料金(特別旅客料金:1区間につき10,000円)を払って1座席を楽器用に予約すれば、100cmを超えるものでも機内に持ち込むこと
ができることになっています。

とはいえ、コントラバスのような大きな楽器をこの方法で機内に持ち込むことは不可能で、輸送中にダメージを受けないようにきちんと梱包したうえで、預けて運んでもらわないといけません。
楽器の場合、三辺の長さの和が100cmまでというのはかなり厳しい制限で、追加料金なしで持ち込める楽器はどんなにがんばってもトランペットくらいまでが上限ということになります。
フジドリームエアラインズの便を利用する場合は、ビオラはもちろんヴァイオリンでもコールセンターに要事前連絡、追加料金発生となるので、ご注意ください。

投稿日:

フジドリームエアの機内持込・預かりができない物品について

フジドリームエアラインズでは、機内持込ができないもの、預かりができないものがそれぞれ決められています。基本的に、危険物とされる荷物は機内持込も預かりもできません。危険物とは、爆発の可能性があるもの、発火する可能性のあるもの、燃えやすいものなどです。危険物のほかに、凶器になり得ると判断されるものについては、機内持込ができません。ただし、預かりは可能です。
さて、では実際にどのようなものが危険物となり、どのようなものが凶器になり得ると判断されるのでしょうか。それを見ていきましょう。

危険物としては、まずはガスを充填したスプレー類が挙げられます。上空では機内は気圧が下がります。とくに、貨物室はさらに低圧になりますから、高圧ガスを充填しているスプレー類は、保管状況、使用状況によっては破裂する恐れがあるのです。防水スプレーや塗料スプレーなどを入れないように注意が必要です。発火する可能性のあるものとして注意が必要なものは、充電池類です。乾電池は問題ないとされていますが、リチウムイオン電池は物によっては危険物に該当します。その他、可燃性の液体物、例えば灯油やベンジンなどももちろん禁止ですし、身近なところではライターやマッチ、花火も禁止です。

次に凶器になり得ると判断されるものですが、いわゆる刃物類は全て禁止と考えてまず間違いありません。ナイフ、はさみ、カッターなどはすぐに分かるでしょう。ツールナイフと呼ばれるような多機能折りたたみ式ナイフでも禁止です。凶器となり得るものとしてはこのような刃物類だけには限りません。刺したり、殴りつけたりすることで人を傷つけることができるものも禁止です。例えば、先の尖ったアイスピックとか、ゴルフクラブ、バット、金づち、バールなども禁止されています。

これらの危険物、凶器となるものの制限を守った上で、もちろん荷物自身の大きさや重さ、それに個数についての制限があります。フジドリームエアラインズの場合、預けられるものは一人あたり15kgまで、個数は3個までです。大きさについては大型のスーツケースサイズでも問題ありませんので、ほぼ気にするようなことはないでしょう。なお、15kgを越えるようなものについては、越えた分の重さ1kgあたり600円の手数料が別途かかります。また、機内持ち込みについては一人あたり10kgまで、個数は1個だけとされています。なお、ハンドバックなどの身の回りの品物についてはこれに含まれません。